神の乳母~異形に奪われた妻~
1話ネタバレを紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら
神の乳母
~異形に奪われた妻~
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母1話ネタバレ

 

子どもの教育費を貯める為、

上の階に住む神守さんの家で
ベビーシッター
として働くことにした百合恵。

 

 

神守さんはいつも
喪服を着ています。

顔はベールで隠し、
表情はよく見えません・・・

 

 

「お子さんは今、どちらにいるんですか?」

 

 

「こちらにいますわ。」

 

 

赤ちゃんが寝てる和室へ案内され
戸を開けると、

真っ暗な部屋に
ベビーベッドが1つ置いてあるだけ・・・

 

 

「なんだか・・・」

 

「祭壇みたい・・・」

 

 

赤ちゃん用の玩具もなく、
その部屋には異様な雰囲気が漂っていました。

 

 

「お顔を見せてあげてくださる?」

 

 

神守さんに言われて、
ベッドに顔を近づける友里恵。

 

 

「こんにちわ~。お昼寝中かしら?」

 

 

赤ちゃんを近くで見る為に
顔をベッドの中に入れると、

 

 

「ひっっ!!」

 

「なにこれっ!!」

 

 

ベッドの中で寝ていたのは、

 

 

 

神の乳母~異形に奪われた妻-赤ちゃん画像

 

 

 

パンパンに膨らんでる顔。

異様に飛び出てるおでこ。

発達しすぎてる唇。

豚みたいな鼻。

先端は尖り、骨格がおかしい手足。

へその緒はまだ残っていて、
体と同じくらいの長さ・・・

 

 

友里恵の方を向き、
目を閉じたまま口を大きく開け、

 

ニチャァ・・・

 

と気持ち悪く笑ってくるのです。

 

 

不気味な姿と表情を見て
恐怖で足が震える友里恵。

 

 

「こ、こんなの・・・」

 

「赤ちゃんじゃない・・・」

 

 

「というか・・・」

 

 

 

「にっ・・・」

 

 

「人間じゃないっ!!」

 

 

赤ちゃんの姿が恐ろしすぎて
部屋から逃げ出そうとする百合恵。

 

 

しかし、
さっき飲んだ紅茶の中に

カラダを麻痺させるハーブ

が入っていて、
その場に座り込んでしまって
動くことも出来ません。

 

 

ベッドから身を乗り出し、
ゆっくりと近づいてくる赤ちゃん。

 

 

「こ、来ないでぇっ・・・」

 

 

ズリズリ・・・

ゆっくりと一歩づつ・・・

 

不気味な姿をした赤ちゃんは、
百合恵に向かって近づいてくるのです・・・

 

 

百合恵の体にたどり着いた
不気味な赤ちゃん。

 

奇形な手とへその緒を使って、
百合恵の顔を触ってきます。

 

 

「やだやだっ!」

 

「助けてっ!あなたっ!」

 

 

「いやぁっ!」

 

異形のバケモノが顔を触り、
恐怖で大声を出してしまう百合恵。

 

 

神守さんは百合恵に
信じられない言葉を言います。

 

 

「貴方は神様のお気に召されたようね・・・」

 

 

バケモノの姿をした赤ちゃんを

神様

と呼ぶ神守さん。

 

 

神守さんはバケモノを
百合恵から引き剥がす事もせず、

「神様が百合恵を乳母として認めるか。」

黙って見ているだけなのです。

 

 

百合恵はこのあと、

 

「お願いです。助けて・・・」

 

「許してください!」

 

バケモノに乳首を吸われ、
恐怖で神守さんに助けを求めます。

 

 

でも神守さんは、

「そろそろ出かけてきますから、よろしくお願いしますね。」

 

そう言い残し、
百合恵とバケモノを残して
出かけていってしまうのです。

 

子供を産んでから数年が経ち、
今はどれだけ吸われても
絶対に出ない母乳。

 

「そんなに吸ったって、おっぱいは出ないの!」

 

恐怖で脅えながらも
バケモノに乳首を吸われ、
気持ち良くなってしまう百合恵。

 

不気味な姿をして無我夢中で

出ない母乳

を吸いつづける神様の姿は

 

吐き気がするほど

気持ち悪いです・・・

 

 

貴女には
神様の乳母になって頂きたいの。

乳首を吸い続けるバケモノ。
恐怖で動けない百合恵・・・

「やだやだっ気持ち悪い・・・」
「私、あなたの母親なんかじゃないっ!」

無料立ち読みはこちらから

神の乳母
~異形に奪われた妻~
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

「神の乳母~異形に奪われた妻」1話感想

「神の乳母~異形に奪われた妻1話」。
超気持ち悪いバケモノが登場してしまいました…

 

ベビーシッター先の家の名字が「神守」。

 

名字だけで十分怪しい雰囲気なのに、着てるのは喪服。

隠しているのか、
見せないようにしているのか。

ベールまで身につけて・・・

 

こういう服装をするのは、
葬儀でも遺族側の場合。

 

謎が残ってしまいますね・・・

 

 

そんな事よりも気持ち悪かったのは、

神守さんが
「神様」
と呼ぶ異形のバケモノ。

 

見た目は

普通の赤ちゃん

と比べてみても、
明らかにおかしい・・・。

 

というか、
人間ではありません。

 

ベビーベッドから
這い出てくる姿は恐怖。

 

恐怖で尻もちをついたまま
動けない百合恵によじ登ってくる姿も恐怖。

 

乳首を口に咥えて、

出ない母乳を必死に飲んでる姿

はもっと恐怖・・・

 

 

ただ、
乳首を神様に吸われ、

気持ち良くなってしまう友里恵は、

 

エロかった(*´ω`*)

 

次回はもっともっと
エロくなっていきます!

(もちろん、神様と呼ばれるバケモノの恐怖は終わりません!)

 

次回の
「神の乳母~異形に奪われた妻」
2話もお楽しみに!

次回の「神の乳母~異形に奪われた妻」2話ネタバレはこちら

 

タイトル
「それ以上、イかされたら壊れちゃう!」
その触手は私の膣内を蹂躙し
愛液を啜りました・・・

 

「神様」と呼ばれる異形のバケモノ。

おぞましい触手が百合恵のマ◯コに入り、何度もイカされてしまう・・・

 

神の乳母
異形に奪われた妻

→2話ネタバレ

 

 

無料立ち読みはこちらから
神の乳母
~異形に奪われた妻~
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

こちらで
「神の乳母~異形に奪われた妻」
全話まとめています

 

→「神の乳母~異形に奪われた妻」全話まとめページ

 

最後まで「神の乳母~異形に奪われた妻」1話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!