神の乳母~異形に奪われた妻~
4話を読んだ感想を紹介しています。

 

 

 

神の乳母4話を読んだので感想を書きたいと思います。

 

こんにちわ。

「清楚系人妻が異形な生物に◯されていくストーリー」

が大好きなマコトです。

 

今日は「神の乳母~異形に奪われた妻」4話を読んだので、
ネタバレを含んだ感想を紹介したいと思います^ー^

 

 

 

「神の乳母~異形に奪われた妻」4話は、

 

 

昼間はバケモノのエサ。

夜は夫と息子の為に頑張る母親。

をしている百合恵。

 

 

ベッドで眠っていると、
上の階に住むバケモノが
床を這いずる音で目を覚まします。

 

 

「今はだめよ。」

 

「あなたのエサは昼間だけなんだから。」

 

「起きていたってその部屋には行けないの。」

 

 

心の中でバケモノにそう言い、
眠りにつくのでした。

 

 

キィ・・・・

 

 

物音で目が覚めた百合恵。

 

「ユウくん、眠れないの?」

 

息子が起きて部屋に来たんだ。と思った百合恵。

 

 

その時、異変に気づきました。

 

眠る前に閉めたはずの窓が、少し開いてる事に・・・。

 

 

窓を見てみると、
窓ガラスにぴったりと貼り付いてる上の階のバケモノ。

 

 

百合恵のカラダを陵辱しようと、
危険な目に遭いながら窓にくっつき、

 

ゆっくりゆっくり

 

百合恵のカラダを目指して降りてきていたのです。

 

 

恐怖で叫びそうな気持ちを抑え、
股を広げてバケモノの触手を受け入れてしまう百合恵。

 

 

声を出して、

バケモノの存在

を夫に知られる訳にはいかないのです。

 

 

大人しくしている百合恵。

 

バケモノは昼間みたいに
触手をパンツの中に入れては来ますが、

 

マ◯コの入り口を触るだけで、
奥には挿れてきません。

 

 

ただ時が過ぎるのを待ってるだけの百合恵には、価値を感じれないのです。

 

 

「お願いです。挿れて下さい。」

 

 

百合恵が覚悟を決め、
旦那が寝てる横でエサとして食べられるのを決めた瞬間、

 

 

バケモノは触手を百合恵のマ◯コに挿れ、
激しく動かして百合恵を絶頂へと導いていくのでした・・・

 

 

こちらのページで

「神の乳母~異形に奪われた妻」4話の詳しいネタバレを書いています。

 

お時間がありましたら
遊びに寄ってみて下さいね~(*´ω`*)

 

→神の乳母4話ネタバレ

 

 

「神の乳母~異形に奪われた妻を読んでみたい!」

 

「無料立ち読みだけ読んでみるか!」

 

という方は
こちらから進んでくださいね(*´ェ`*)

 

無料立ち読みはこちらから
神の乳母
~異形に奪われた妻~
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

次回の「神の乳母~異形に奪われた妻」5話の感想はこちらからどうぞ

 

→「神の乳母~異形に奪われた妻」5話感想

 

 

こちらで
「神の乳母~異形に奪われた妻」
全話まとめています

 

→「神の乳母~異形に奪われた妻」全話まとめページ

 

最後まで「神の乳母~異形に奪われた妻」4話感想にお付き合い頂きまして、ありがとうございました!