神の乳母~異形に奪われた妻~
5話ネタバレを紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら
神の乳母
~異形に奪われた妻~
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母5話ネタバレ

「神の乳母~異形に奪われた妻」5話は、

 

 

「待って!アナタ!」

 

「もうすぐイクから・・・」

 

 

いつもなら帰宅する時間になっても
帰ってこない妻を心配した夫。

 

妻が働いている神守さんの家まで
迎えに来ていました。

 

 

「どうした?帰るぞ?」

 

 

夫が迎えに来たのに、
玄関のドアを開けられない百合恵。

 

 

ドアを開けられない理由は、

夫が待つ玄関のドア1枚先で
百合恵はバケモノに挿入されていたからでした。

 

 

–この日の昼間—

 

「神の乳母」である百合恵の
母乳と体液を吸って
さらに大きく成長していたバケモノ。

 

 

奇形だった手と足は
人間のようになっていました。

 

もっと体を大きく成長させて、
◯◯の場所へ行かないといけないバケモノ。

 

今以上に百合恵の体液を補充する為に、

今までよりももっと多くの回数
生殖器をマ◯コに挿れて、

体液を吸収しないと足りないのです。

 

 

 

神様の見た目が
バケモノから人間に近くなってきたと同時に、

 

百合恵の気持ちも変化していました。

 

 

今では恐怖心よりも、

「私の体液で大きくなってくれてる・・・」

愛情を抱えるようになっていたのでした。

 

 

バケモノに
愛情を感じるようになった百合恵。

 

妊娠しないと出ないはずの

母乳

が出るようになっていました。

 

 

母親として
バケモノに愛情を注いでいるうちに、

カラダも変化していったのでした。

 

 

「こうしていると・・・」

 

「ユウ君におっぱいをあげていた時を思い出すわ。」

 

 

母乳を飲んでいると、
どんどん太くなっていくへその緒。

 

 

「あらあら・・・」

「いけない子ね。」

 

 

「そっちでもお母さんが欲しいのね?」

 

 

カラダをもっと成長させる為、
もっと百合恵のマン汁が必要なバケモノ。

 

 

このあと何時間にも渡り
百合恵のマ◯コに挿入して、
マン汁を吸収していくのです。

 

 

いつもなら寝る時間になっても
寝ることもせず、百合恵のマン汁を吸っていくのです。

 

 

「時間なんだから帰らないと・・・」

 

 

百合恵が夫と子供の夜ご飯を作る為に帰ろうとしても、
バケモノは百合恵のカラダから離れようとしません。

 

 

おんぶされたまま、
バックで挿入を続けているのです。

 

 

「はぁはぁ・・・」

 

 

大きく成長した生殖器を挿れられて、
気持ち良くなっている百合恵。

 

 

帰りが遅いのを心配した夫。

玄関前まで迎えに来ていました。

 

「この女は俺の乳母だ。」

 

そう思っているのか、
バケモノは行為を止める気配がありません・・・

 

外で夫が待ってるのに、
激しく奥まで挿入してくるバケモノ。

 

 

ドア1枚先には愛する夫が待っている・・・

 

でも今は
この子が私を必要としているの・・・

 

 

「待って!」
「もうすぐイクから」

夫よりもバケモノの生殖器と
快楽を選んでしまった百合恵。

無料立ち読みはこちら
神の乳母
~異形に奪われた妻~
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

「神の乳母~異形に奪われた妻」5話感想

「神の乳母~異形に奪われた妻5話。」
なんだか複雑な関係になってきました・・・。

 

たった数日でまた大きく成長したバケモノ。

 

背は小さいのに
ゴツくて筋肉質のカラダ。

 

「人間に近づいてきた。」
といっても身長が低いだけで、
普通の赤ちゃんとはまるで別物。

 

大きく育った生殖器が
不気味さをいっそう引き立てています・・・。

 

神様だからなのか、
バケモノだからなのか・・・。

栄養源は百合恵のマン汁と母乳のみ。

 

うらやましいような、
そうでないような・・・

 

次回の「神の乳母6話」では、

神様と呼ばれてるバケモノは、
今よりももっと大きく成長します。

 

その姿は

成人男性の数倍

の大きさです・・・。
(見た目は巨大な赤ちゃん・・・)

 

次回の
「神の乳母~異形に奪われた妻」6話は、

超気持ち悪いです・・・

(今までで1番、吐き気をもよおします・・・)

次回の「神の乳母~異形に奪われた妻」6話ネタバレはこちら

 

タイトル
「好きなだけママの中に出して」
成長してオスとなった異形との生殖行為

 

百合恵の体液でさらに大きくなったバケモノ。

「へその緒」は性器に変わり、
「栄養を欲する」のではなく、性交を・・・

 

「この子は私の愛しい息子・・・」

愛情を感じてる友里恵は、
巨大な男根を丁寧に舐め・・・

 

神の乳母
異形に奪われた妻

→6話ネタバレ

 

 

無料立ち読みはこちらから
神の乳母
~異形に奪われた妻~
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

前回の「神の乳母~異形に奪われた妻」はこちら

 

神の乳母
~異形に奪われた妻~

→4話ネタバレ

 

こちらで
「神の乳母~異形に奪われた妻」
全話まとめています

 

→「神の乳母~異形に奪われた妻」全話まとめページ

 

最後まで「神の乳母~異形に奪われた妻」5話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!