2017年7月に配信されてから、ずっとランキング1位を獲得中の「神の乳母~異形に奪われた妻」

 

毎月、数百種類のエロ漫画が次々と配信している中で、

これだけの期間連続で1位を獲得出来る。

というのはそれだけ「読んでみたい!」っていうファンの方がいらっしゃるからですよね。

 

「神の乳母」を読みたい!って思う方は最初にきっとタイトルに興味を持つと思うんですよね。

 

「神の乳母っていうことは、神様に母乳をあげる女性ってことでしょ?」

 

「じゃあ、神様って何? 誰?」

 

ってなって、不気味な赤ちゃんの画像を見て、

 

(この画像ですね。キモいですね・・・)


 

「おっぱい吸いながら、チ◯ポ挿れてるよ?」

 

ってなるんだと思います。

 

 

「神様って赤ちゃんなのに、チ◯ポ挿れるんだ・・・」

 

 

「乳母って母乳を与えるんじゃないの?」

 

で無料立ち読みして、

 

「あれ、この女の人母乳出ないじゃん。」

「マン汁でこのバケモノ大きくなってるじゃん。」

 

ってどんどん気持ち悪くて引き込まれていくんだと思います。

 

で、「神の乳母~異形に奪われた妻」を読み終えた人が、

 

「あの漫画、面白かったぞ!」

「一回、読んでみな!」

 

って友達に紹介して広まっていくんでしょうね。

 

で、1話を読んだ人がどんどん続きを読みたくなって、7話まで読む。と。

 

そうなることで累計販売数が増えていって、ランキング1位を獲得し続けている。という流れだと思うですよね。

 

 

2017年って、色んな漫画が売れまくってるんですけど、

 

「神の乳母~異形に奪われた妻」は、きっと殿堂入りするんだと思います。

 

こちらのページにも書いたんですけど、

「神の乳母~異形に奪われた妻」の見どころって、

 

異形のバケモノが、普通の主婦とセ◯クスする。

 

ってだけじゃないんですよね。

 

「特殊な性描写が売り」

 

ってワケじゃないんだと思うんです。

 

 

「ある悩み」を抱えていた主婦が、「あるモノ」に取り憑かれてしまって・・・

 

心の奥に「罪悪感」を抱えて、誰にも相談出来ず、「心の闇」と化してしまった深い深い悩み。

 

それを偉大で尊厳のある「神」に例えて描かれている素晴らしい漫画なのです。

 

 

ちょっと大げさに書いてしまったかもしれませんが、ボクは今でも「神の乳母~異形に奪われた妻」は心から「読んでよかったな~」って思える記憶に残る漫画でした。

 

 

神の乳母
~異形に奪われた妻~

無料立ち読みはこちらから
▼画像をクリック▼


 

最後まで「神の乳母~異形に奪われた妻」の紹介にお付き合い頂きまして、ありがとうございました!